教育目標 ・小中一貫教育教育目標

令和3年度 小野南中学校教育方針

○小野南中学校区教育目標

 「ふるさとを愛し、世界に学び、未来を切りひらく児童・生徒の育成」 ~かしこく やさしく たくましく~

○校是 師弟俱行

 -生徒に求める姿は、すべて自分に求める姿である-

○教育目標

 ・心豊かで自立した生徒

 ・たくましく健やかな生徒

 ・考え実践する生徒

 ・公共に尽くす生徒

○学校経営方針

☆ 自尊感情を高める学校 ―居場所づくり・絆づくりー☆

 ・自分の良さを自覚し、人を大切にする生徒を育てる。

 ・笑顔と拍手の指導を推進する。

 ・生徒に目標を設定させ、達成体験をもたせる。

☆ 夢や目標をもち、努力する生徒を育てる学校 ☆

 ・知・徳・体の調和がとれ、自立した生き方を追求する力を育てる。

 ・生徒のやる気・能力・可能性を最大限引き出す。

 ・郷土愛を持ち、自らの未来を切り拓く力を育てる。

○努力事項

1 確かな学力の育成(知育)

(1)基礎・基本の定着

①脳科学に基づいた教育を展開する。

②おの検定、少人数・TT 指導を活用し、基礎・基本の定着を図る。

③「教えて考えさせる授業」を推進し、授業の前半部分で基礎基本の定着を確実に図る

(2)学び合う活動

①「教えて考えさせる授業」を推進し、授業の後半部分で主体的・対話的で深い学びの ある授業を展開する。

②ICT 機器やホワイトボードを活用して班活動を充実させ、思考力・判断力・表現力を育 成する。

③1 人1 台端末を使用し、特別な支援を要する生徒を含め、多様な子供たち一人一人に 個別最適化された学習を展開し、生徒の力を最大限に引き出す。

④9 カ年の学びのつながりを重視し、自主的・主体的な家庭学習の充実を図る。

⑤キャリア教育を推進し、将来への希望を持ち、学びへの意欲を高める。

2 豊かな心の育成(徳育)

(1)道徳教育の充実

①道徳教育と体験活動や学校行事を関連させ、教育活動全体で道徳教育を行う。

②思いやりに満ちた人間関係を構築し、いじめの未然防止に徹底して努める。

③学校や地域との連携を深め、地域や郷土を愛し、公共心のある生徒を育てる。

(2)生徒指導、教育相談の充実

①生徒の内面理解と人間的なふれあいに基づいた厳しさの中にも温かさのある指導を 行う。

②教育相談や生活アンケート、学校適応感尺度を実施し、生徒に寄り添った心の教育を 実践する。

③人権教育の充実を図り、いじめを許さない雰囲気を醸成する。

(3)生徒会活動の充実

①生徒会活動を重視し、学級や縦割り活動を基盤にして生徒の自主性、自立性を育てる。

②挨拶・清掃・交通・歌声・発明の5 本柱を軸に、生徒たちの自治的な活動を展開する。

(4)特別支援教育の充実

①個に応じたきめ細かい指導を行い、個々の能力を伸ばす。

②多角的な観察記録と適切な個別の教育指導計画を立てる。

3 健やかな体の育成(体育)

(1)健康・安全教育の充実

①健康安全に関する指導(いのち・食育・薬物乱用・安全・防犯・防災・感染予防)を 各教科、学級活動、道徳、生徒会活動と関連させ、実践する。

②食育、生活習慣、学習習慣、健康安全についてPTA・地域と連携して推進する。

③小中一貫して生徒の生活実態を把握し、指導を充実させる。

(2)部活動の充実

①個性を伸長し、友情を深めるなど好ましい人間関係を育てる指導を充実させる。

②勝利至上主義に陥ることなく、生涯体育の視点に立った活動を推進する。

③適切な練習時間と対話を重視した活動を行う。